注目

学資保険と普通の貯金の違いって?

子供の将来の教育費用を用意するための方法には学資保険と普通の貯金の2種類があります。
このどちらかを選ぶのが一般的なのですが、果たしてどちらの方が優れた方法なのでしょうか。
これらはお金を貯めるという意味においては共通しているのですが、内容はかなり異なっています。
その違いを理解して、どちらか自分に適している方を選ぶことが大切です。

学資保険について簡単に説明すると、毎月保険料を支払って、将来満期に達した時には保険金を受け取ることができます。
満期にもらえる保険金は自由に設定できるため、子供がどのような進路を選ぶのかを見越して選択しなければいけません。
たとえば、100万円や200万円の保険金を設定することが多いでしょう。
これはきちんと保険料を払いきらなければもらうことはできません。
実際に支払った保険料よりも保険金の方が大きくなることが多いです。
ただし、途中で解約してしまうと、せっかく支払った保険料よりも少額のお金しか返ってこないため気をつけましょう。

また、学資保険には医療保障や死亡保障が付いている点に特徴があります。
これによって、単に学費を稼ぐ以上のサービスを受けることができます。
契約者が亡くなってしまった場合には保険料を免除されるシステムも備わっています。

このような特徴があるのが学資保険です。
一方、普通の貯金の場合は保障もなく、貯蓄したお金が増えることもありません。
銀行の利子を期待しても、低金利の時代であり、預けたお金はほとんど変化しないでしょう。
また、貯金の場合は自分で計画性を持って行わないと失敗する可能性が高いです。
学資保険の場合は、毎月決まったお金を支払うことになりますが、貯金の場合はどのようなペースでお金を貯めていくのかを自分で決めなければいけません。
また、簡単に貯金を切り崩すことができてしまうため、最終的に子供の教育費用が残らない可能性もあります。
このように学資保険と貯蓄とは特徴が大きく異なっているため注意しましょう。


Copyright© 2011 学生のための快適な保険 All Rights Reserved.