注目

学資保険のメリット・デメリット

学資保険の利用にはメリットとデメリットがあります。
良い点と悪い点を比較して、自分にとって有益な部分が多いと判断したのであれば学資保険に加入するべきでしょう。
逆に悪い点の方が多いと判断したのであれば、加入しないほうが良いです。
よく時間をかけて、メリットとデメリットについてよく考えておくことが大切です。

まず貯蓄性が高い点は大きなメリットとなります。
返戻率が100%以上の学資保険であれば、普通に貯金をするよりも多くのお金を貯めることができるでしょう。
毎月コツコツと一定の保険料を支払い続けるため、無理なく貯め続けることが可能です。
強制的に支払わなければいけないため、長くお金を貯めることができるシステムです。

また、定期預金よりも効率が良いです。
貯金をするための方法として定期預金は一般的なのですが、現在はそれほど利率が高くありません。
定期預金で教育資金を用意するよりも、学資保険の方がメリットは大きくて、利率も高いためお得なのです。
また、さまざまな保障を受けることができる点もメリットでしょう。
万が一契約者が死亡した時には保険料を免除してもらうことも可能です。
税金面でも優遇されているためお得です。

このように色々なメリットがあるのですが、中にはデメリットも存在しています。
まずインフレに弱い点があります。
利回りはずっと最初に契約した時のままとなります。
今後10年や20年低金利の状態が続くのであればお得なのですが、経済はどのように変化するのか分かりません。

また、学資保険として貯めているお金は資金が拘束されてしまうというデメリットがあります。
途中で解約してしまうと元本割れする可能性が高く損をしてしまいます。
急な出費が発生した時に困ってしまうでしょう。

他にも重要な点として保険会社が倒産してしまうとペイオフを受けることはできません。
9割までは保護されるのですが、全額を確実に受け取れるわけではないのです。
このようなデメリットもあるため注意しましょう。

Copyright© 2011 学生のための快適な保険 All Rights Reserved.