注目

学資保険のお得な支払い方法

学資保険の支払い方法は基本的には月払いなのですが、それ以外の支払い方法も存在しています。
お得な支払い方法もあるため、それぞれの方法の特徴を理解しておきましょう。

最も一般的な支払い方法は月払いです。
毎月2万円近くを支払うことが多いでしょう。
毎月必ず出費が生じてしまうのはデメリットですが、その分一度の支払いにおける負担は小さいため安定して支払い続けることができるでしょう。
自分が現在どれくらいの給与をもらっているのか、将来はどの程度まで給与が増えそうかなどを考慮に入れておけば無理なく支払い続けることができます。

他にも半年払いという方法があります。
この場合は年に2回支払うことになるため、一度に多くのお金を支払う必要がありますが、保険料を徴収されない月もあるため上手く活用すれば便利でしょう。
また、年払いといって年に1回だけ支払う方法もあります。
他にもボーナスを併用する方法があり、この支払い方法では月払いをしながらボーナスの月には普段よりも保険料を増額します。
これによって、月払いの分の保険料の負担を抑えることが可能です。

もっとお得な支払い方法として前納や一時払いがあります。
前納とは数回分、一時払いとはすべての保険料を一度に支払ってしまう方法のことです。
この支払い方法を用いると保険料を割引してくれる保険会社が多いです。
保険会社にとっては一度に多くのお金を支払ってくれる方が利益となるからです。
また、学資保険加入者にとっては保険料をお得にすることができるため良い方法となるでしょう。
たとえば、定期預金で教育資金を貯めようと考えている方は、学資保険に加入して一度に多くのお金を支払った方がお得であるケースは多いでしょう。
保険料を減額することができて、さらに返戻率が100%を超えるならばとても得をすることができます。
しかし、一度に支払ってしまうと、それだけ一時的な負担が大きくなってしまうため、よく考えてから実行しましょう。


Copyright© 2011 学生のための快適な保険 All Rights Reserved.