注目

利率を考えて学資保険を選ぶ

学資保険というのはただ支払ったお金の総額を後で受け取ることができるわけではありません。
一定の利率で利息がついた分を受け取ることが可能です。
したがって、学資保険の商品の種類によってはかなり得をすることもあります。
利率をよく考えて商品を選ぶことが大切なのです。
どの保険会社の商品を選ぶかによって、利率は大きく異なるためよく検討しましょう。
基本的には定期預金などと比べても高い利率となっています。
普通の貯金よりも得をするのです。

しかし、場合によっては利率が低いだけではなくて、元本割れhttp://www.cbta.jp/ganpon.htmlする可能性もあります。
それは厚い保障を受ける場合です。
きめ細かな保障が用意されていることがあります。
それらは子供のいる家庭にとってはありがたいものばかりなのですが、それがきっかけとなって、学資保険が元本割れを引き起こしてしまうことがあるため注意しましょう。

学資保険がどのくらいの利率になって返ってくるのかを表した数字があります。
それが返戻率です。
この割合を見ることによって、それぞれの学資保険の商品を簡単に比較できるようになります。
たとえば、110%や105%といった表示があります。
ただし、単純に返戻率の数字だけを見て判断するのはやめておいた方が良いでしょう。
学資保険には色々な保障やサービスが含まれているため、総合的に判断をすることの方がより重要となるからです。

学資保険の保険料による負担というのはそれほど大きいものではありません。
しかし、ずっと支払い続けることを考えると、なんとかしてその負担を小さくしようと考える方もいるでしょう。
余計な保障を加えないようにすることで保険料は抑えられます。
また、最終的に受け取る保険金の設定を小さくすることによっても、保険料は減少します。
このように色々な点について考えて加入しなければいけません。

すでに加入している人でも学資保険の見直しは大切のようです。


学資保険の利率は一定であり、上手くいけばかなり得をするでしょう。
貯蓄性の高い商品を求めている方にとっては最も重要な数字が返戻率なのです。


Copyright© 2011 学生のための快適な保険 All Rights Reserved.