注目

貯蓄性の高い「学資保険」

学資保険の特徴として貯蓄性の高さがあります。
教育費を準備するために貯金をしている方は多いでしょう。
しかし、貯金というのは貯蓄性がそれほど高くはありません。
いつでも使ってしまう状況にあるため、よほど気をつけておかないと貯金に手を出してしまう可能性があります。
また、ただ銀行に預けておくだけでは利子は微々たるものであり、預けている以上にお金を増やすことは期待できません。

このように普通の貯金には貯蓄性が低いという欠点があり、教育費を貯めるための方法として不適切なのです。
そこでオススメしたいのが学資保険です。
学資保険は毎月強制的にお金を保険料という形で支払います。
これによって、計画性を持って確実にお金を積み立てていくことができます。

また、保険金として受け取れる額は元本よりも大きいことが多いです。
元本割れするタイプの学資保険もありますが、きちんと商品を選べば問題ありません。
商品によっては今まで支払った保険料の110%や120%まで増えることもあります。
このような利点があるため、学資保険を多くの方が利用しています。

学資保険では最終的に200万円や300万円近くのお金を受け取ることができます。
貯蓄型の学資保険であれば、保険料の総額よりも10万円や20万円近く多めのお金を受け取ることになります。
保険金として受け取ったお金は大学の入学金や授業料などに使うことができるでしょう。
これだけのお金があれば、子供の将来の学費の大部分を支払うことが可能です。
子供が家を出て一人暮らしをしながら大学に通う場合や、私立の学校に通う場合は学資保険だけでは不足することもありますが、それでもかなり経済的には楽な状況となるでしょう。

学資保険は急いで加入しておかないと不利になります。
毎月支払う保険料は支払期間が長い方が一回あたりの金額は小さくなるからです。
また、子供の年齢によっては学資保険に加入できないこともあります。
子供を産む予定がある段階ですでに考えておくべきでしょう。


Copyright© 2011 学生のための快適な保険 All Rights Reserved.